スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

寿司文@恵比寿

原宿のインテリアショップで買い物をした帰り、恵比寿の寿司文で夕食。
年中無休なので日曜日でも安心して寄ることができます。

生姜をのせた鰹、赤貝(だったかな?)
f0079.jpg   f0080.jpg

中トロ、うに
f0081.jpg   f0082.jpg

いくら、サーモン
f0083.jpg   f0084.jpg

ネギトロ巻き、納豆巻きで締め!
f0085.jpg   f0086.jpg

お寿司のときは冷酒を頼むので、おちょこに1杯だけ分けてもらいます。
(私はお酒に弱いので、それだけでもくらっとしますが、おいしいなとは思う)
昼食が遅めだったので、あまりたくさん食べられなくて残念でした。

スポンサーサイト

テーマ:お寿司 - ジャンル:グルメ

このページのトップへ

寿司文@恵比寿

友人と恵比寿の寿司文へ。

寒い日だったので温かいお通しが嬉しいです。
大根に魚のダシがよーくしみているのに全然生臭くない。
さすがプロだ~。
F1001511_20101128192650.jpg

この後、握りをテンポよくたくさん食べました。
(デジカメを持っていなかったのでお寿司の画像は撮らず)

最後の締め、いつもは納豆巻きですが、今回はこれ。
バクダンという名前です。
F1001512_20101128192650.jpg

納豆にマグロ・イクラなど具がた~くさん入っています。
それを混ぜ混ぜして、ほんの少しの寿司飯と一緒に海苔に巻いていただきます。
すっごくおいしくてしかも楽しい~!
今度からはバクダンが締めの定番になりそうです。

寿司文
東京都渋谷区恵比寿西1-7-7

テーマ:お寿司 - ジャンル:グルメ

このページのトップへ

寿司文@恵比寿

久しぶりに友人と恵比寿の寿司文へ。

冷酒「酔鯨(すいげい)」
c0001_20101010220413.jpg

突き出しは、めかぶと梅の酢の物と卵焼き
c0002_20101010220413.jpg   c0003_20101010220412.jpg

そのあとは握りを。
あまりお腹がすいていなかったのでちょっとだけ。
c0004_20101010220411.jpg   c0005_20101010220411.jpg
c0006_20101010220410.jpg   c0007_20101010220450.jpg
c0008_20101010220449.jpg   c0009_20101010220449.jpg

締めは必ず納豆巻き
c0010_20101010220448.jpg

海苔の味噌汁
c0011_20101010220447.jpg

おいしかった~。
昔からウニが苦手だったのに、ここ2~3年でむしろ好きになりました。
味覚って大人になってからも変わりますよね~。

寿司文
東京都渋谷区恵比寿西1-7-7

テーマ:お寿司 - ジャンル:グルメ

このページのトップへ

Bar五@恵比寿

飲み物を一口しか飲まずにWhat The Dickensを逃げ出した後。
すぐ近くのオーセンティックバー「Bar五」へ移動。

先ほどとは別世界の、静かで大人の空間!
そのためお店の写真を撮ることができませんでした。

中に入ると右側に10人以上座れる長いカウンターがあります。
左側は4人掛けのテーブルが3~4つ。
照明も内装も落ち着いていてとっても素敵でした。
お店の方は3人いて、白いワイシャツにベストというお揃いのスタイル。

カウンターの奥には天井までぎっしりとお酒のボトルが並んだ棚があります。
どうもこのお店は海外から買い付けた貴重なウィスキーやブランデーを揃えているみたいでした。
「○△×の□年物」のような頼み方をして、珍しいお酒をショットで飲むお店らしい。

お店の人がいろいろなボトルを持ってきてくれた中から、適当に1つ選びました。
説明(というかウンチク)はスルー。
1杯3,000円也。

恥ずかしながら、ブランデーを飲むのは生まれて初めてです。
だから素晴らしい味なのかどうかよくわかりません。
もともとお酒を飲めないので、はっきり言って豚に真珠ですね・・・。

お通し(っていうのかな?)はアプリコット風味の生チョコ。
これはとってもおいしかった!
その人が飲んでいるお酒に合わせてチョコのフレーバーを変えるという憎い心配りでした。

少し経って気づいたら満席になっていたので、なかなか繁盛している様子。
客層はなぜかバラバラでした。
カウンターには、おひとりさまの女子2人、友人と来ている女子3人、会社の同僚らしき年配男性2人。
テーブル席は、カップル1組、会社の同僚らしき若い男性2人。

こういうお店でおひとりさまってすごいな~。
大人だな~。
でもあまりにも奥が深そうな世界で、ちょっと引いてしまった私です・・・。

テーマ:お店紹介 - ジャンル:グルメ

このページのトップへ

What The Dickens@恵比寿

お寿司の後は、すぐ近くのWhat The Dickens(ワット ザ ディッキンズ)へ。

このお店に来るのは確か3回目。
中は2フロアで、ZESTのような階段があります。
吹き抜けなのでビルの中とは思えない雰囲気です。

下の階のカウンターで飲み物を買って、好きな席に座る仕組み。
ビールはいろいろな種類がありますが、飲み物も食べ物もすごくおいしい!というわけではありません。
ただ、ライブ演奏があるので、ライブが好きな人はいいかも。

今回はテーブルの上のキャンドルの写真しかありません。
F1001569.jpg

なぜか?

理由その1. 暗くて写真が撮れなかったから。
理由その2. あまりの大音響に耐えられず、5分もいなかったから。

上の階に座ったとたん、ライブが始まりました。
本人は酔いしれているみたいなんだけれど、まず歌がヘタ。
そして英語がヘタ。

高音部はまさに、首を締められて断末魔の叫びという感じ。
それなのに、鼓膜がおかしくなりそうなボリュームで振り絞る、振り絞る・・・。
話をしたくても相手の声がまったく聞こえません。
泣きたいような、怒りたいような、笑いたいような気分でした。

上の階のお客さんを見回したら、私以外は全員外国人。
アイリッシュ系のお店なのでイギリス人率が高いと思われます。
よりにもよって”ビートルズ”のナンバーを(ヘタな英語の発音で)歌い上げるってすごい度胸では・・・?
彼の勇気にそっと合掌。

ライブの内容がよければそれなりに楽しめるかもしれませんが、今回は×でした~。

テーマ:お店紹介 - ジャンル:グルメ

このページのトップへ

寿司文@恵比寿

友人の友人がアメリカから来たので、いつものお寿司屋さんへ。

私は先日目覚めた冷酒をほんの一口。
〆張鶴(しめはりつる)というお酒でした。
F1001564.jpg

あとは怒涛のごとく寿司一筋。
一向に英語が話せるようにならない私は食べるしかない。
F1001560.jpg   F1001563.jpg
F1001561.jpg   F1001562.jpg
F1001565.jpg   F1001566.jpg

ひたすら食べてお腹がはちきれそうでした。
最後に海苔のお椀で締め。
F1001567.jpg

やっぱりお寿司はおいしいです。




テーマ:お寿司 - ジャンル:グルメ

このページのトップへ

寿司文@恵比寿

この前からずーっと無性にZESTのエンチャラーダが食べたいです。
あのこってりとしたチーズが忘れられない・・・。
しかしダイエット中の友人に押し切られて、恵比寿の寿司文へ。

なぜだか冷酒を飲んでみたくなりました。
下戸の私にしては本当に珍しいことです。
寿司0001

後で具合が悪くなったら困るので、慎重に慎重に・・・。
結局、おちょこ2杯くらい飲んだかな?
冷酒を頼んだのは生まれて初めてなので比較はできませんが、味はおいしいと思いました。

さてお寿司。
とろが本当にとろけるようにおいしくて最高でした。
寿司0001_1   寿司0001_3
寿司0001_4   寿司0001_6   
寿司0001_7   寿司0001_8   
寿司0001_9

友人が頼んだ赤貝が私にも置かれてしまって無理やり飲み込みました。
貝は苦手です。
寿司0001_5

いつも締めは納豆巻き
寿司0001_10

満足満足。
今度から和食のときは冷酒にしてみようと思います。
いつもお茶というのもナンだし。

テーマ:お寿司 - ジャンル:グルメ

このページのトップへ

FC2Ad

Information

Nui
  • Author: Nui
  • ひとりで気ままに行動することが多いNuiの日記。
    節約しつつ健康な毎日を過ごせたら幸せです。

Search

Calendar

05月 « 2017年03月 » 06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

 

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。