スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

香港ひとり旅2008 7/7(月) ④

2008年7月7日(月)

空港にも有名なお菓子屋さんが目白押し。
灣仔でよく通りかかって気になっていた「優の良品」もありました。

obaji0354.jpg

手荷物を増やさない主義なんですが、どうしても自分用のお菓子を追加したくて大好きな榮華餅屋に入りました。

obaji0357.jpg

杏仁餅と老婆餅を1箱ずつ。 87HK$

obaji0367.jpg   F1000614_20080715000624.jpg

老婆餅はものすごくたくさんのフレーバーがあってびっくりしました。
ストロベリー、ブルーベリー、抹茶などなど。
でもやっぱりここは基本に忠実に・・・とプレーンを購入。
杏仁餅の賞味期限は12月30日まで。
すぐに会えない人へのお土産にいいかもしれません。

許留山は到着フロアにあるので出国手続きをした後は入ることができずちょっと心残り。
そして奇華餅屋があったのになぜXO醬クッキーを追加で買ってこなかったのか・・・今となってはそれが最大の後悔です。

食事と買い物が終わったのでシャトルトレインに乗って41番ゲートへ。

obaji0363.jpg   obaji0364.jpg

無事に成田に着き、重いスーツケースを転がしながらなんとか帰りました。
東京もかなり暑くなっていたけれど香港の湿度・温度に比べたら天国でした~。


スポンサーサイト

テーマ:香港 - ジャンル:旅行

このページのトップへ

香港ひとり旅2008 7/7(月) ③

2008年7月7日(月)

空港には広々と開放的なフードコートがあり、おいしそうなお店が並んでいます。
搭乗すればすぐに機内食が出てくるのはわかっているけど、やっぱり香港最後の締めに何か食べたくなって覗いてみました。
座る場所もたくさんあってたくさんの人が食事をしています。

obaji0356.jpg

香港で人気があるという「味千ラーメン」も気になりましたが、結局「皇府」というお店にしました。

obaji0360.jpg

浮鮮蝦雲呑(エビワンタンスープ)  40HK$
小さめの蝦雲呑が20個くらい入っています。
やはり麺なしで十分おいしい!

obaji0358.jpg 

唯一麵家  京滬亭で買った粢飯(チーファン)というもち米のおにぎりもここでスープと一緒に食べちゃいました。
お、おいしい~!
もち米のおにぎりの中にお粥のサイドメニューの油條やお肉のでんぶが入っていました。
これは日本では出会ったことがない味!
  
obaji0359.jpg

おいしい締めに満足です。


テーマ:香港 - ジャンル:旅行

このページのトップへ

香港ひとり旅2008 7/7(月)  ②

2008年7月7日(月)

唯一麺屋から戻り、シャワーを浴びて身支度完了。
昨夜ほぼパッキングを終えていたので大丈夫だろうと思っていたら、最後の最後にスーツケースが閉まらない!
手荷物を増やしたくなかったので汗をかきかきがんばりましたが、スーツケースに乗って全体重をかけてもだめ。
ガイドさんとの待ち合わせの時間が迫っているのでちょっと焦る。
結局折りたたみ傘を抜いたらなんとか閉まりました。

チェックアウトの時にガイドさんからのメッセージが届いていて待ち合わせ時間が30分遅くなったとのこと。
なんだー、だったらもっとゆっくりしていれば良かった。

もう部屋に戻るわけにもいかないので、初日にもらったウェルカムドリンクのクーポンを使ってロビーのカフェでコーヒーを頼み、ガイドさんを待つことにしました。

obaji0353.jpg   obaji0351.jpg

それにしてもスーツケースの重たいことといったら!!
滞在中の服やパジャマはいらないものを持ってきたのでドサッと捨てたし・・・。
ヨガの本のせい?
それともヨガウェアをたくさん買ったから?
あ~家までちゃんと帰れるかなぁ~。


テーマ:香港 - ジャンル:旅行

このページのトップへ

香港ひとり旅2008 7/7(月) ①

2008年7月7日(月)

いよいよ帰国する日になりました。
前日に引き続いてかなり雨が降っています。
10:15分にガイドさんが迎えに来てくれることになっているので遠出はできませんが、最後に朝食を買いに行くことにしました。
2日前、工事中でお店がなくなっていた唯一麵家(灣仔港灣道灣景中心大廈地下)とたぶん同じ系列と思われる唯一麵家  京滬亭に行ってみます。
開いているといいな。

ホテルの中に「滑るぞ危険」みたいな立て札。
香港では至る所で目にしました。
本当に床が滑るんです。
obaji0348.jpg

外からホテルの入口を見たところ。
obaji0347.jpg

雨の中大きな通りに沿っててくてく歩きます。
obaji0341.jpg

あっ、通り沿いにとっても素敵な建物を発見。
これは質屋を改造したというThe Pawnに違いない。
今回は時間がなくて寄れませんでしたがチェックしていたお店なのです。  
obaji0338.jpg

ホテルから歩くこと15分、唯一麵家  京滬亭の3軒隣に飴軒薬膳保健甜品を発見。
昨年行った薬膳のデザートのお店です。
まだ開店前でした。
obaji0340.jpg

そしてここが目的の「唯一麵家  京滬亭」。
開いてて良かった!!
obaji0339.jpg

テイクアウトで頼んだ粢飯(チーファン)というもち米のおにぎり。
入口の外に大きな炊飯器があり、その場でおばさんが握ってくれました。
11HK$だけどすごく大きい!
obaji0349.jpg

お腹に余裕があれば鹹豆漿という豆乳スープや北京餡餅も食べたかったなぁ。

◆唯一麵家  京滬亭◆
灣仔蘭杜街2號麗都大廈地下10號舖


テーマ:香港 - ジャンル:旅行

このページのトップへ

香港ひとり旅2008 7/6(日) ⑦

2008年7月6日(日)

ホテルに帰ってカシューナッツのおしるこを食べ一息ついたところで、さぁ、一人「Let’s食べ比べ 楊枝甘露編」と行こうじゃありませんか!

楊枝甘露は、マンゴーピューレ・ココナッツミルク・コンデンスミルクなどを混ぜた中にマンゴー・ポメロ(グレープフルーツのような柑橘系フルーツ)・タピオカが入った冷たいデザートです。
実は前の日に翠苑甜品專家で買ったのが「楊枝甘露」初体験。
(食べ比べのために残しておきました)

obaji0332.jpg   obaji0334.jpg

●写真上 満記甜品
一番さっぱりしていたのがこちら。
ココナッツミルクやコンデンスミルクの風味はなく、ポメロを楽しむという感じ。
マンゴーは小さくカットされていて量も少なかったせいかあまり主張がありません。
また食べたい!と思わせるパンチに欠けていましたが、あまり甘くないさっぱりしたデザートを食べたいときにいいかも。

●写真中 發記甜品
一番甘くてクリーミーでした。
他の2つと違ってソースの部分が白っぽいです。
なんといっても巨大なマンゴーのかたまりが2個ごーんと入っていたのがインパクト大。
マンゴーはとても甘くておいしかったです。
 
●写真下 翠苑甜品專家
一番マンゴーの味を楽しめました。
マンゴーの果肉は目立ちませんが、とにかくマンゴーソースがフルーティー!
ひと目見てわかる色の違い。
許留山のマンゴーピューレと同じ鮮やかなオレンジ色でミルクやクリームは入っていないようです。
ただ楊枝甘露としてはこれでいいのか不明。

-- 結果 --
この中でどれが一番おいしいか?というよりも、その時の気分に合わせて選ぶのが良い、と思いました。

こうしておいしいデザートの食べ比べを楽しむうちに、香港最後の夜は更けていったのでした。


テーマ:香港 - ジャンル:旅行

このページのトップへ

香港ひとり旅2008 7/6(日) ⑥

2008年7月6日(日)

前日食べた土・日限定の温かいカシューナッツのおしるこのおいしさが忘れられず、最後に翠苑甜品專家に寄ることにしました。
ラッキーなことに今日は日曜日ですから♪

obaji0330_20080716221026.jpg

今回もおしるこにお団子を追加で。
「首健脾補腎腰果糊加湯丸」 と紙に書いて見せたら通じました。 21HK$

店を出たらもう10時過ぎ。
ものすごい暑さと湿度の中を歩き回って体がくたくたです。
ホテルまで歩くと20分くらいかかるし、メトロに乗るには場所が中途半端だし・・・。
と思っていたらちょうどトラムの乗り場が見えました。

そこへタイミング良く巡回中のお巡りさん3人組が通りかかったので、「灣仔へ行きたいんですが、あの乗り場からトラムに乗っても大丈夫ですか」と聞こうとしました。
しかし「灣仔へ行きたいんですが」と言いかけたところでいきなり「ここは灣仔だ」と遮られて呆然。
(まぁ確かに銅鑼灣と灣仔の境目だったけど)
道に迷ってホテルに戻れなくなった観光客だと思われたらしく「ホテルはどこ?」と聞かれ、道順を教えてくれました。
「いや、帰り方はわかっているんだ!歩けないくらい疲れたからトラムで帰りたいんだよぅ!」と説明する気力も英語力もなく。
運悪く途中までそのお巡りさんたちと行き先が同じ方向だったため逃げるわけにもいかず・・・。
別れ際に「いいですか、ここを左に曲がって3つ目の信号ですよ」とさらにダメ押し。
力なくお礼を言って大雨の中をトボトボとホテルまで歩きました。

無事にホテルに戻って、疲れた足をさすりながら翠苑の温かいおしるこを食べてやっとほっこりできたのでした・・・。

obaji0335_20080717205435.jpg

◆翠苑甜品專家◆
香港銅鑼灣波斯富街83號地下
営業時間 : 12:00-24:00
休業日 : 年中無休



テーマ:香港 - ジャンル:旅行

このページのトップへ

香港ひとり旅2008 7/6(日) ⑤

2008年7月6日(日)

満記甜品を出た後は、「楊枝甘露」の第二段としてワールドトレードセンターの發記甜品へ。
大雨にも関わらず入口に行列ができていました。

obaji0329.jpg

中に入ってレジで招牌楊枝甘露(26HK$)のテイクアウトをお願いしたらすぐに買うことができました。
お店の中はもちろん満席で、次々に帰る人と入る人で入口も大混雑。
見たところお客さんは圧倒的に若い女性と若いカップルが多かったです。
本当に地元で大人気のお店なのだと思います。

さて楊枝甘露のお味はいかに?

◆發記甜品 Lucky Dessert ◆
銅鑼湾謝斐道532号地下(ワールドトレードセンターの向い側)
営業時間:12:30~深夜2:00


テーマ:香港 - ジャンル:旅行

このページのトップへ

FC2Ad

Information

Nui
  • Author: Nui
  • ひとりで気ままに行動することが多いNuiの日記。
    節約しつつ健康な毎日を過ごせたら幸せです。

Search

Calendar

05月 « 2017年03月 » 06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

 

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。