スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

野心のすすめ

大好きな林真理子さんの本「野心のすすめ」を読みました。



40社から不採用通知をもらい就職できなかった著者が、どのようにして作家として成功したのか。
自己啓発本のような内容です。

林真理子さんの本はほとんど読んでいるので、エピソード自体は目新しくなかったのですが、なるほどなぁと感じる部分はたくさんありました。
未来の成功している自分を強くイメージする(妄想)力って大事かも・・・とか。

今の私は「上を目指して努力する!」という姿勢からは程遠い。
現状の収入でなんとかやりくりしながら、細々と生きていくことだけを考えてます。
何かを学ぶとか、交際範囲を広げる意欲ももなく。
そんなんじゃいいことが起こるはずありませんよね・・・。

自分を振り返るきっかけにもなるし、読みやすいのでおすすめの本です。

スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

このページのトップへ

ながらバレエ・ストレッチ

万年ダイエッターの私。
相変わらず、家の中で気軽にできる運動やストレッチを探してさまよっています。

最近読んだのは「ながらバレエ・ストレッチ」という本。



この本に出ているモデルさんがとってもかわいくてスタイルが良いのでモチベーションが上がります。
ただ、日常生活に取り入れることにこだわりすぎて、設定に無理がありすぎ!
床に置いてあるものを足先で取って片付けるとか、つま先で雑巾を動かして掃除するとか。
会社でお客様にお茶を出すとき、大きく一歩踏み出して後ろ足は90度にとか(笑)。
あまりにも挙動不審なOLでは?

それよりも、ちゃんと時間を作ってストレッチするための本にした方が良かった気がしました。

テーマ:ダイエット・美容・健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

このページのトップへ

年収300万円時代を生き抜く経済学

最近読んだ本を紹介しますね。

経済関係の本を読まない私にしては珍しく「年収300万円時代を生き抜く経済学」。
節約生活を余儀なくされているので興味をそそられました。



ここ何年か自分なりに考えて実践してきたことがかなり含まれていて、目からウロコ!という目新しい技はなかったかなぁ・・・。
ざっくりまとめると、見栄をはらなければ低収入でも生きていける!ということでしょうか。
高級車じゃなくても(軽自動車だって)車としての用は足りるでしょう、みたいな。

何もかも削ってしまうと虚しくなるから、我慢できる部分を極力我慢すればいいと思うんです。
「これだけは外せない」「これを止めたら生きる楽しみが半減する」という大切な部分は死守して。

私の場合、外食・旅行・ジム・習い事・エステをやめ、デパ地下スィーツやお店のコーヒーも封印。
本は図書館で借り、映画やDVD購入の代わりに無料のGyaO!を視聴。
服飾費・美容費や日常の食材もランクを落としました。

買いたい食べたい飲みたい・・・と今でもモヤモヤするけれど、今までたくさん無駄遣いしていたことに気づけたし、ちょっとしたことでも嬉しく感じるので、良いこともありましたよ。
もう少しがんばらなくちゃ!

テーマ:生活・暮らしに役立つ情報 - ジャンル:ライフ

このページのトップへ

ハングルのお勉強

韓国ドラマを観るようになって2年くらい経ちました。
きちんと勉強したわけではないのでなかなか上達しないけれどちょっとした単語やフレーズはわかるようになりました。

これまで簡単な会話ができるようになりたいなぁと思っていましたが、読み書きをしたいと思ったことはありませんでした。
ハングル文字って、どれも同じ形に見えて全然興味が持てなかったの。
でもこの本、Amazonのレビューがとても良かったので図書館で借りてみました。



おぉ~、確かに!
基本中の基本がわかりやすく書かれていてとても良かったです!
ノートに自分流の覚書をメモメモ・・・。
こういうお勉強って、久しぶりだわ~。
b 015

語学の参考書は図書館で借りるのがいいよ、と以前会社の人から教わりました。
買うといつでも読めると思って開かなくなるけど、借りた本は期限までに読もうとするから頭に入るんですって。
どうしても手元に置きたい!と思えるような本だったら買えばいいんですよね。

テーマ:韓国 - ジャンル:海外情報

このページのトップへ

野菜のしあわせ

ものすごく季節はずれな感じですが、野菜のしあわせという本を図書館で借りました。


大根と白菜、安くておいしいけれど、1人だと消費するのに苦労するのが悩みのタネ。
同じ料理だと飽きてしまうので、いろいろなレシピを仕入れたかったんです。
おいしそう!と思うレシピを控えたので、冬になったら作ってみます。
あ、でも旬になるのはまだまだ先ですね(笑)。

テーマ:食生活 - ジャンル:ライフ

このページのトップへ

クウネルの本 もっと私たちのお弁当

おべんとうの時間という本を読んで以来、お弁当本がマイブームです。



次に読んだのは「クウネルの本 もっと私たちのお弁当」。



こちらの方が、インタビュー内容やおかずの内容などが詳しいかな?
でも、ぐっと心に響くという点で、やっぱり「おべんとうの時間」は最強だと思いました。
手抜きでもなんでも、誰かに作ってもらったお弁当っておいしくて幸せですよね。

私も毎日お弁当を持参していますが、必殺「オール冷凍」弁当なんです。
(市販の冷凍食品は使ってません)
もう少し手をかけてみようかなとモチベーションが上がりました。

テーマ:食生活 - ジャンル:ライフ

このページのトップへ

おべんとうの時間

とっても素敵な本に出会いました(^ ^)
全日空の機内誌「翼の王国」の人気連載をまとめた本です。



お弁当のレシピ本かと思いきや、これが嬉しい誤算。
全国津々浦々を旅して、普通の人のお弁当を見せてもらうという、ありそうでなかった本です。
ご主人が企画・カメラマン、奥様が執筆、小さなお嬢さんを連れて家族で取材されたとのこと。
取材されている方々は、性別も年齢も職業も住んでいる地域も様々で、そこがまた面白いんです。
(ちなみに表紙の写真は海女さん)

まず、お弁当の持ち主が(ほとんどは職場を背景にして)立っている姿。
次のページに、どーんとお弁当の全貌。
食べている姿を引きで写した写真、そして最後に文章という構成で、お一人につき4ページ。

お弁当の中身なんてどんな人でも似たようなものだって漠然と思っていましたが、みーんな違うんですね!
卵焼きの焼き方、ウィンナーの切り方、おかずの詰め方、お弁当箱や包んでいる布までも、誰ひとりとして同じものはないんです。
作っているのも、奥様がご主人のために、ご主人が奥様のために、娘さんが年老いたお母さんのために、(男女問わず)自分自身のために・・・と様々で。

いろいろな職業があるんだなぁ~。
人間が1人1人違うように、お弁当も違うんだなぁ~。
みんなそれぞれの場所で、違う人生をおくっているんだなぁ~。
お弁当から飛躍して、食、仕事、家族、人生・・・いろんなことを感じました。

特別ドラマティックなことが書かれているわけでもなく、一般の方々の、ある日の普通のお弁当。
それなのになんでだろう。
最初からもう、うるっとしてきて・・・。

ぜひぜひぜひ読んでみてほしい、おすすめの1冊です。

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

このページのトップへ

FC2Ad

Information

Nui
  • Author: Nui
  • ひとりで気ままに行動することが多いNuiの日記。
    節約しつつ健康な毎日を過ごせたら幸せです。

Search

Calendar

07月 « 2017年08月 » 09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

 

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。